NIPPON Kichi - 日本吉

2007/5/1

滝下勝明 Takishita Katsuaki 

Jp


 京都に伝わる伝統工芸品「京扇子」の伝統工芸士。
 昭和九(1934)年生まれ、昭和六一(1986)年、伝統工芸士に認定される。京都扇子団扇商工協同組合理事。
 京扇子は平安時代からの歴史を持ち、当初は桧扇と言われる薄い板で作られたものが作られ、その後紙と竹で作られる現在の形に近づいた。宮廷で用いられ、茶道、能、狂言などの文化にも広く使われ、現在でも愛用されている。
 扇骨(せんこつ)、地紙、加飾、折、箔押などの多岐にわたる工程を持ち、それぞれ専門の職人により分業されている。
 氏は重要な部分である扇骨の職人。「頭ではなく手で覚えるんです」と言い、よどみの無い作業で寸分の狂いも無い扇骨を作り出す。
 親方から四代にわたる伝統と技術を今に伝える職人である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
606-8343 京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9-1 京都市勧業館内KYOオフィス 京都扇子団扇商工協同組合
名前
滝下勝明




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter