NIPPON Kichi - 日本吉

記事数3件: 1~3 件表示          

2008/7/25


香川 田村神社 Kagawa Tamura-jinja 

Jp

 田村神社(たむらじんじゃは)香川県高松市にある神社である。
 創建は和銅二(709)年古くから讃岐の国で一番格の高い一宮として人々の崇敬を集めてきた。また、江戸時代初期、延宝七(1679)年には神仏習合を廃止、神道のみを重視し、国守松平家の祈願所としたことから幕府や武家からも大きな崇敬を集めていたといわれている。
 神社は琴平電鉄一宮駅そばに鎮座し、大鳥居をくぐりきれいに舗装された参道を行くと見事な拝殿が建つ。その裏には本殿がありその後ろの奥殿付近に定水と呼ばれる深淵がある。香川県は灌漑用のため池が多く水に関する信仰も強く、この淵にも蛇や竜に関する伝承も残されている。
 田村神社はさぬき七福神のひとり金箔が貼り付けられた布袋様の像が置かれており、参拝に訪れる人々を暖かく見守っている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/10/15


満濃池 Mannou-ike Manno-ike Pond

Jp En

 満濃池(まんのういけ)は香川県仲多度郡満濃町にある、日本最大の灌漑用のため池である。別名・満濃太郎とも呼ばれており、貯水量1540万トンの大きさを誇っている。
 大宝年間(701~704)、讃岐の国守であった道守朝臣(みちもりあそん)の創築と伝えられている。しかしその後池は決壊、長い年月の間放置されたままであったが、弘仁一ニ(821)年に空海がわずか三ケ月たらずで修復拡大した。その労力もむなしく、満濃池はその後も決壊を繰り返した。
 寛永ニ(1625)年に生駒讃岐守は、家臣であり土木工事の名人である西嶋八兵衛に修復を命じた。八兵衛は期待に応え、寛永八(1631)年に完成させたが、その後も大地震などで池は数回に渡り決壊、その都度、多くの人々の努力によって修復されてきた。
 現在の満濃池は昭和三四(1942)年に完成したものである。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/8/3


大井池 Ooi-ike Oi-ike Pond

Jp En

 大井池(おおいいけ)は、愛知県額田郡幸田町大草にある、面積9・2ヘクタールのため池である。
 ため池は農業用水、防災、生物の生息地、親水や交流の場等の多くの機能を持っており、貴重な地域財産である。
 大井池は、矢作川水系広田川を水源とし、昭和一八(1943)年竣工された人造池で、農業用ため池としては愛知県内最大級のため池となっている。
 貯水池の左岸には水上ゴルフ練習場があり、貯水池に向かってゴルフボールを打つ事が出来る。また、上流には砂防ダムが点在している。
 湖畔には多くの桜が植えられており、春には花見の名所ともなっている。
 大井池は、地域の人々の生活に欠かせない人造池である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数3件: 1~3 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter