NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2007/7/19


デカンショ祭 Dekansho-matsuri Dekansho Festival

Jp En

 デカンショ祭りは、兵庫県篠山市で毎年八月中旬頃に行われる、デカンショ節の総踊りをメインとした祭りだ。
 丹波篠山に伝わるデカンショ節を後々まで残して行きたいという理念から、昭和二七(1952)年、篠山市周辺で個別に催されていたお祭りや盆踊りを統合し、篠山川河川敷で「第1回デカンショ祭」を開催したのが始まりである。
 踊りの基本となる「デカンショ節」は幕末の頃、日本全国の篠山出身者達が故郷を思い、当時の「みつ節」の歌詞を変えて唄ったのが始まりとされている。その後、各地で様々なバージョンが生み出され、やがて日本全国に波及していった。
 現在は、市内にある篠山城跡三の丸広場で催されており、広場の中央に組まれた巨大なやぐらの周りを何十にも輪を作って、県内外から訪れた人々が「ヨーイ、ヨーイ、デッカンショー」のおはやしにのって練り踊る「やぐら総踊り」は圧巻の迫力だ。
 夏の夜の思い出を増やすなら、これに加わらない手はない。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




南越谷阿波踊り Minamikoshigaya-awa-odori Minami-koshigaya Awa Dance Festival

Jp En

 阿波踊りの発祥は、四国徳島県である。
 その阿波踊りを埼玉県の南越谷でも行おうと、徳島出身の地元事業家達が提唱し、始まったのが南越谷阿波踊り(みなみこしがやあわおどり)である。
 昭和六十(1985)年に第一回南越谷阿波踊りが踊り手一千人、来場者三万人の中開催され、今に至っている。
 毎年八月に三日間行われ、今では踊り手も本場徳島などから総勢五千人、来場者も五十万人を越えるほどの勢いと活気あふれる祭りとなり、越谷の夏を彩る風物詩であると同時に徳島や東京高円寺と併せて日本三大阿波踊りと評されるまでになっている。
 踊り手が威勢のいい「ヤットセー」の掛け声も高らかに、お囃子にのって練り歩く流し踊りや、その他にも舞台踊り、組踊りなど、踊るのはもちろん、見る楽しさも存分に堪能することができ、ついつい体がつられて動いてしまうほどの臨場感を味わえる。
 「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」というわけだ。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数2件: 1~2 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter