NIPPON Kichi - 日本吉

2008/7/23

綾広の滝 Ayahiro-no-taki 

Jp


 綾広の滝(あやひろのたき)は、御岳山のすぐ西の懐を流れる御岳沢にある滝のことで、落差10メートル、滝壺の深さ1・2メートルある。
 古来より武蔵御嶽神社の禊(みそぎ)の神事がおこなわれる神聖な滝で、「修行みそぎの滝」とも言われている。
 滝の手前には中里介山(なかざとかいざん)著書の「大菩薩峠」の登場人物・お浜にちなんだ「お浜の桂」の木がひっそりとたたずんでいる。大菩薩峠は幕末が舞台で、剣士である主人公・机竜之助が、甲州大菩薩峠に始まる彼の旅の遍歴と、周囲の人々の様々な生き様を描く話である。
 この滝周辺は、御岳ロックガーデンと呼ぶ岩石園である。養沢川の源流である七代の滝(ななよのたき)から綾広の滝までの道を整備して公園にしたもので、奥御岳の奥入瀬といわれている。
 この道は約1・5キロメートルあり、苔むした岩が多く点在する渓流沿いを歩きながら、東京とは思えないほどの自然を間近に感じとることができる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
198-0175 東京都青梅市御岳山
名前
綾広の滝
電話
0428-78-9363




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter