NIPPON Kichi - 日本吉

記事数5件: 1~5 件表示          

2007/9/14


【環】 Kan The Character for Cycle, Ring, Surround

Jp En

 環境の環。その形がなかなか深い意味を語っています。上の部分は目です。その下に衣と○があります。○は玉。この三つの要素を含む字体のほかに、さらに強調のために玉偏(たまへん)をつける字体もあります。玉偏自体は三つの玉を貫く紐の形です。
 この字は実は古代の葬儀、死者の復活思想、信仰と関係があります。上の目は開いているので、死者の復活を願う象徴です。古代には死者に玉の賜物を副葬品として添える習慣があったのです。この字はその玉を衣服の襟元に置いた形です。玉を死者の口に含ませることもあり、それは「含」という字になりました。
 白川静先生の著作、『孔子伝』などにもしばしば出てくる荘子の『荘子(南華真経)』に、こういう様々な古代の習慣がよく取り上げられています。もちろんむしろ否定的に。例えば、『荘子(南華真経)』外物篇に道徳的よりどころであるはずの『詩経』と『禮経』の墓と副葬品などの詳しい記述を頼りに、墓を盗掘したり、死者に添えた玉を奪おうとする儒者のことが風刺的に描かれています。
 また白川先生が、日本の代表的な哲学者である西田幾多郎には、漢字の世界をある意味で哲学化した荘子の影響がかなり見られると指摘されているように、そういう背景から見ると漢字には古今を結ぶ一面があります。
 人類の生死に関わる環境。健全な環境の保持を考えるにふさわしい字ではないしょうか。
 
■ 環・金文(きんぶん)
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/9/6


遠見塚古墳 Toomizuka-kofun Toomizuka Kofun

Jp En

 遠見塚古墳(とおみづかこふん)は、宮城県仙台市若林区遠見塚にある古墳である。国の史跡に指定されている。
 4世紀末~5世紀初頭頃に建築された、全長110m、高さ6.5mの東北地方で5番目の規模を持つ前方後円墳である。
 前方部が後円部に比べ著しく低いのが特徴であり、周囲には幅10数m~40数mの不規則な形の周濠が巡っている。
 副葬品は、東榔から碧玉製管玉1点、ガラス小玉4点、竹製黒漆塗り竪櫛18点が出土しただけで、古墳の規模に比べ極めて少ない。
 占領米軍が霞目飛行場拡張工事に使う土を取る時に、後円部の半分が破壊された。
 現在は公園として整備・保存されており、仙台市博物館にて出土品を保存・展示している。
 遠見塚古墳は、日本の古代に触れられる貴重な史跡である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/3/27


江釣子古墳群 Ezuriko-kofun-gun 

Jp

 江釣子(えづりこ)古墳群は、岩手県北上市鬼柳に所在。和賀川北岸に位置する五条丸、猫谷地、八幡、長沼の各古墳群を総称するものである。国指定の史跡である。
 7世紀後半から8世紀前半のものと見られる。直径5から15メートルの円墳130基以上が確認されており、その大半は川原石を積み上げた小規模な石部屋を持つ。副葬品として鉄製品が多く出土しており、7、8世紀頃に指導的立場にあった人物のものと推定されている。
 出土したまが玉、ガラス玉、蕨手刀などは近くに建つ江釣子史跡センターに展示されている。
 毎年9月下旬には、古代を偲ぶモニュメント「カムイヘチリコホ」を会場に古墳祭りを開催、近隣の人々でにぎわう。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/25


金隈遺跡 Kanenokuma-iseki Kanenokuma Ruin

Jp En

 金隈遺跡は、福岡県福岡市博多区にある墳墓遺跡である。
 標高30mの丘陵上に、甕棺墓348基、土壙墓・木棺墓119基、石棺墓2基が発見された。
 甕棺墓では小児用の数が圧倒的に多い。残された人骨の一部には抜歯の風習がみられた。
 金隈遺跡は、紀元前2世紀頃から西暦2世紀頃まで、約400年に渡って使用された弥生人達の共同墓地の跡である。しかも、副葬品や埋蔵物に、鏡などの権力者が保有していたと見られるものが全くないことから、一般弥生人、つまり庶民達の墓地であることが確認された。
 現在史跡公園として整備され、展示館内では、弥生時代の甕棺墓や土壙墓が発掘された姿のまま見学できる。
 1972年、国の史跡に指定される。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2006/12/15


久里双水古墳 Kurisouzui-kohun Kurisouzui Kofun

Jp En

 久里双水古墳は、佐賀県唐津市の丘陵上にある市指定の史跡である。
 昭和56年に発見され、度重なる学術調査の結果、日本でも最も古い古墳のひとつであることが確認された。築造年代は3世紀代にまで遡ると推定される。
 全長108.5メートル、後円部径62.2メートル、前方部42.8メートルと規模が大きいのに比して石室の規模や出土品の量は貧弱であったが、竪穴式石室や副葬品の鏡など、邪馬台国時代の3世紀の様相を知る上で貴重な史料となっている。
 竪穴式石室は長さ2.5メートル、幅0.9メートルで、床にはU字型の粘土床があり、舟形木棺の存在も想定されているという。また、石室内部からは平縁盤龍鏡・刀子・管玉などの副葬品が出土した。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数5件: 1~5 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter