NIPPON Kichi - 日本吉

2007/2/8

竹宵まつり Takeyoi-matsuri 

Jp


大分県臼杵市では、古くから伝わる伝説に由来する「竹宵(たけよい)まつり」が毎年11月に行われる。旧城下町・臼杵市の風情豊かな土地柄とあいまって、幻想的な恒例行事となっている。
 竹宵まつりは、伝説「真名長者伝説」をモチーフに行われる。その昔、臼杵石仏で財をなした真名長者に美しい娘、般若姫がいた。その美しさは遠く都に聞こえるほどであり、時の天皇の皇子、橘豊日(たちばなのとよひ)はその似顔絵を見ただけで恋に落ちたという。皇子は身分を隠して姫に会いに長者の下を訪ね、やがてふたりは結ばれた。その後皇子は身分を明かし、都へ帰る。懐妊した姫は皇子の待つ都へ旅立ったが、途中嵐に会い、帰らぬ人となってしまったという。これを悲しんで、深田の里では里人たちが竹に灯りを灯して供養したのだった。
 まつりでは、綺麗な着物を着た般若姫の行列が行われるなど、まるでまぼろしのような世界に誘われる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
大分県臼杵市
名前
竹宵まつり




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter