NIPPON Kichi - 日本吉

記事数10件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/6/30


小牧山城 Komakiyama-jou 

Jp

 小牧山城(こまきやまじょう)は、愛知県小牧市の市街地西に位置する、標高約八六メートルの小牧山にある。
 桶狭間の合戦ののち、尾張平野の中に孤立した丘陵と、その麓を利用し、永禄六(1563)年に織田信長が築いた平山城である。
 信長の死後、天正一二(1584)年「小牧・長久手の戦い」において、豊臣秀吉と戦った織田信雄(のぶかつ)・徳川家康連合軍が大規模な改修を施し陣城とした。
 その後、小牧山は尾張藩によって入山が禁じられた。明治以後もこの規則は守られ、明治二二(1889)年に尾張徳川家に払い下げられた。
 昭和五(1930)年に尾張徳川家の徳川義親(とくがわよしちか)から小牧市に寄贈されて以後、自然公園として整備された。
 現在は城址公園となり、削平地や復元された空堀、土塁、旧虎口跡などがある。また山頂に展望台がわりの模擬天守が建っており、内部は歴史館となっている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/6/12


西尾城(錦城) Nishio-jou(nishiki-jou) 

Jp

 西尾城(にしおじょう)は、別名を錦城(にしきじょう)といい、鎌倉時代前期の創築とされる古い歴史を持つ城である。古くは西条城という名前でも呼ばれていた。
 承久三(1221)年に三河守護・足利義氏(あしかがよしうじ)が築城した。
 その後、長男の長氏(ながうじ)に城を譲り、三男の義継(よしつぐ)に東条の地を支配させ、自らは二男の泰氏(やすうじ)とともに下野足利の地へ戻った。
 以後、長氏は吉良と称して代々この地を治めたが、永禄三(1560)年に勃発した桶狭間の戦いにより今川義元が戦死すると、牧野成定(まきのなりさだ)、酒井正親(さかいまさちか)・重忠(しげただ)、田中吉政が城主となり、城名を西条城から西尾城へ改名した。
 現在、本丸跡には御剣八幡宮および西尾神社があり、野面積みの石垣と濠の一部が残っており、近くに「西尾資科館」が建っている。
 平成八(1996)年には三層の本丸丑寅櫓(ほんまるうしとらやぐら)が再建された。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/10/1


桜井町の棒の手 Sakurai-cho-no-bou-no-te Bo-no-te in Sakurai Town

Jp En

 桜井町の棒の手(さくらいちょうのぼうのて)は、愛知県安城市桜井町に伝わる民俗芸能である。
 戦国時代、桶狭間の戦いで織田信長の奇襲により破れた今川方の武士、式部太夫(しきぶだゆう)が戦の後もこの地に留まり、自衛のために農民に棒術を教えたこと始まりと言われ、当時は「式部流(しきぶりゅう)」とよばれた。
 やがて太平時代を迎えると、棒の手は五穀豊穣を願って奉納されるようになった。
 演技は棒のみを用いる「表」と、槍や十手、鎌などのキレモノを用いる「裏」がある。
 棒の手は現在まで大切に受け継がれ、地元の小学生による演技も上演されるようになった。
 昭和三九(1964)年に県の無形民俗文化財の指定を受ける。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/6/4


鳴海宿 Narumi-juku Narumi-juku

Jp En

 鳴海宿(なるみじゅく)は江戸の五街道の一つ、京と江戸を結ぶ東海道の宿場であり、今の愛知県名古屋市緑区鳴海町にあたる。
 有名な安藤広重の「東海道五十三次」という作品にあるように、東海道には53箇所の宿場があるが、鳴海宿は40番目になる。
 この手前の池鯉鮒宿との間(間の宿)の有松で生産されていた木綿の絞りが街道筋の人気商品になり、鳴海宿には商家が立ち並ぶようになって栄えた。
 東海道五十三次にも鳴海宿の絞りのことが書かれている。
 また、俳人である松尾芭蕉とも縁のある場所でもあり、この宿にある誓願寺には最も古い芭蕉の供養塔がある。
 この鳴海宿を抜けると、かの織田信長の名を一躍世に知らしめた桶狭間の古戦場が見えてくる。
 江戸からの距離およそ350km。次の宮宿までおよそ13km。
 木綿の絞りを羽織って、芭蕉のように古戦場で兵どもの夢の名残に思いを馳せて次の宿場へ向かう。旅の冥利に尽きる一幕が、そこにはある。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/14


熱田神宮 Atsuta-jinguu Atsuta Shrine

Jp En

 愛知県名古屋市にある「熱田大神」(あつたのおおかみ)を祀る神社。
 三種の神器のひとつである、草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)の鎮座を創始と伝えられている。日本武尊(やまとたけるのみこと)が没した後、その奥方が小社を建ててこの剣を祀ったとされる。
 創建時ははっきりとしないが、まもなく1900年を迎えるというのだから、その歴史はかなり古い。信仰の歴史は皇室を初め、庶民に至るまで多くの崇拝者からの奉納品(4000点余り)の数からも納得できるものである。
 樹齢1000年を超える楠や、織田信長が桶狭間の戦いの際に勝利を祈願し、勝利したのち奉納した信長塀、西行法師が腰をかけたという言い伝えのある二十五丁橋などが見所である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/12


大樹寺 Daijyu-ji 

Jp

 大樹寺は、愛知県岡崎市にある浄土宗の寺院。徳川家の菩提寺であり、歴代当主の墓や位牌主の身長などが記されている歴代将軍(大樹公)の位牌が安置されている。
 1475年松平親忠が創建したといわれる。1535年清康(家康の祖父)が多宝搭(国の重要文化財指定)を建立。位牌などの墓は、家康が1602年に先祖8代の墓碑をたてたのが始まりとされている。
 過去の有名な話としては、1560年家康は、桶狭間の合戦で今川勢につき、相手方の織田信長に、奇襲され敗れたとき、命からがら逃げ帰ったのがこの寺だったという。先祖の墓の前で、自害しようとしたとき、この寺の住職であった登誉上人から止められ、思いとどまったということである。
 観光地としても有名で、1年を通じて賑わいを見せている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/8


岡邸 Oka-tei 

Jp

 愛知県名古屋市有松にある江戸末期に建てられた重厚な歴史的建造物。名古屋市指定有形文化財。
 有松は幕末期当時の歴史的な町並みが残る場所で、岡邸は有形文化財では、一番古く、また一番大きいといわれる。 
 主屋1棟、作業場1棟、蔵2棟の構造で、街道沿いに並んだ絞商(しぼりしょう)の町屋の典型である。
 間口は連子格子、なまこ壁、虫籠窓、塗りこめ造りをよく残している。
 この家にだけある、2階のひさし裏の塗りごめ造りの「波状」も特徴的である。
 明治頃に改良され設置された「電話」がまるで「電話ボックス」のような透明の囲いの中に取り付けられているところが、なんともレトロであり、観光客の間でもちょっとした話題になっている。
 有松の観光コースとして、桶狭間古戦場とともに紹介されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




小塚邸 Kozuka-tei 

Jp

 愛知県名古屋市有松にある江戸末期に建てられた重厚な歴史的建造物。名古屋市指定有形文化財。
 有松は幕末期当時の歴史的な町並みが残る場所である。当時、東海道一の美観とうたわれ、390年の歴史のある、有松絞りの発祥の地でもある。
 小塚邸は有松の街道で一番大きいとされる「岡邸」の横に並ぶ。
 塗籠造の中では、小塚邸は最も古いもののひとつといわれている。
 主屋1棟・蔵2棟・茶室1棟の構成で、街道沿いに並んだ絞商の町屋の典型である。
 連子格子・なまこ壁・虫籠窓・塗ごめ造り・卯達が整った建物であり、外柱に残る駒止めの環が往時を物語る。
 有松の観光コースとして、桶狭間古戦場とともに紹介されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数10件: 1~8 件表示     >>     >|  
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter