NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2008/5/26


高尾山薬王院 Takaozan-Yakuou-in 

Jp

 高尾山薬王院(たかおさんやくおういん)は、成田山新勝寺、川崎大師平間寺とともに関東三大山のひとつとして数えられる真言宗の名刹である。
 天平一六(744)年、聖武天皇の勅願を受けた行基菩薩が、自ら薬師如来像を刻んで安置し、高尾山を開山したのがはじまりとされている。薬師王という寺名は、薬師如来像を本尊としていることに由来している。
 南北朝時代、京都醍醐の俊盛法師の弟子であった俊源大徳が入り、飯縄権現(いづなごんげん)を守護神として祀った。それ以来薬師信仰とともに飯縄信仰の霊山となった薬王院は修験道場として、武将達の帰依を受け隆盛した。
 八王子城主・北条氏照にも篤い信仰を受け、氏照は山の竹木の伐採を禁じたほどで、そのお陰で古来より天然の森林が守られ、現在も豊かな自然は残されている。
 また、昔から山には信仰の対象ともなる「天狗」が住んでいるという伝説が伝わっており、境内の天狗社には大天狗・小天狗が祀られている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/10/12


薬王院有喜寺 Yakuou-in-yuuki-ji Yakuoin Yukiji Temple

Jp En

 薬王院有喜寺(やくおういんゆうきじ)は、東京都八王子市高尾町にある真言宗智山派大本山の寺院。本尊は、薬師如来、飯縄権現(いづなごんげん)。関東九十一薬師五番、関東三十六不動八番、多摩八十八ヶ所六八番札所である。
 天平一六(744)年、聖武天皇の勅願により行基が開いたと伝えられ、その際に本尊として薬師如来が安置された事から、薬王院と称し、真言宗智山派の関東三大本山のひとつとされている。
 後に京都の醍醐山の僧・俊源が飯縄大権現を本尊として山岳宗教の基礎を築いてからは、多くの修験者達の修行場となり、現在も高尾山修験道の本拠地となっている。
 江戸時代には高尾講と呼ばれる山岳信仰の組織が結成され、今日も信徒による参拝行事が盛んに行われている。
 薬王院有喜寺は、二五〇〇点余りの古文書も所持する名刹である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数2件: 1~2 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter