NIPPON Kichi - 日本吉

2007/7/26

富山観音堂 Tomiyama-kannon-dou 

Jp


 富山観音堂(とみやまかんのんどう)は、宮城県宮城郡松島町手樽の大迎寺が所有する建物である。奥州三観音の一つと言われ、町の文化財に指定されている。
 大同年間(806~10)、坂上田村麻呂が、慈覚大師作の観音像を安置したことから始まると伝えられる。
 三間四方の下部の石造りが珍しく、堂内には高さ一寸八分の本尊・観世音菩薩のほかに、武人姿の田村麻呂将軍の木造が安置されている。
 慶長9(1604)年、二代仙台藩主の伊達忠宗が現在残る堂を再建した。
 また観音堂のとなりには、伊達政宗の長女五郎八姫の寄進した梵鐘が残る。
 富山観音堂は、松島四大観の一つとされる松島の展望を誇る古寺である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
981-0211 宮城県宮城郡松島町手樽字三浦
名前
大迎寺 富山観音堂
電話
022-354-3087




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter