NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/11

かせかけ Kasekake The Kasekake Dance

Jp En


 かせかけ(綛掛、カシカキ)とは、沖縄に伝わる琉球舞踊の古典女踊りである。
 元は布を織る糸ごしらえの仕事の事を「かせかけ」と言った。
 愛しい人を旅立たせ、留守を預かる若妻が遥かなる人を偲びつつ、却って愛しい想いが増す「恋情の動き」を、繰り返し布を織る「かせかけ」の様子に重ね合わせた踊りが「かせかけ」である。
 紅型衣裳を右肩袖脱ぎに着て、両手に糸巻きを持ち、糸を繰る所作を美しく踊る。右肩袖脱ぎ(脱下)の着付けは、仕事(糸巻き、機織)をする姿を象徴している。
 踊りはわずかな動きや振りを取り入れているので、踊り手は細やかな心づかいを表現する演技力が必要となる。最小限の所作によって最大の感動を与えるところに、「かせかけ」の魅力があるといえよう。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
かせかけ




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter