NIPPON Kichi - 日本吉

2007/6/20

寺野ひよんどり Terano-hiyondori 

Jp


 寺野ひよんどりは、静岡県浜松市北区引佐町にて毎年正月3日行われている祭りである。国の重要無形民俗文化財に指定されている。
 「火踊り」が訛り伝えられたのが、ひよんどりの名称の起こりと云われており、寺野のひよんどり、三日堂の祭り、鬼踊りなど様々な名称で呼ばれている。
 引佐町寺野にて約430年前から世襲によって伝承されてきた民俗芸能で、宝蔵寺観音堂で行われる。
 真っ白な雪が舞い降りる山あいの小さな堂で「神楽」が奉納されたあと、夕刻まで15の舞が演じられる。太郎、次郎、三郎の三鬼が登場する「鬼の舞」の時に盛り上がりは最高潮に達し、舞手と鬼は斧で松明を打ち叩くなど、もみ合うように激しく舞い踊る。
 寺野ひよんどりは、勇壮豪快な伝統の火踊りである。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
431-2537 静岡県浜松市北区引佐町渋川
名前
宝蔵寺観音堂
電話
053-542-1113




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter